声優なるには専門学校で決まり|素適なボイスをワールドワイドに

女性

入学するために必要な事

女性

声優になるためには専門学校に通うのが最良の手段なのですが、専門学校に入学する方法を選択する必要があります。声優の専門学校は他の職業の専門学校と同じで2年間通う必要があります。高校卒業資格が必要である事が多く、2年かけて卒業することによって学歴資格を取得する事が可能となっています。入試方法も通常の専門学校と同じでAO入試、指定校推薦、一般推薦などがあります。これらの試験は自分を学校側に売り込む事で合格する事が出来るので、オーディションを受けて合格する事で役が貰える声優にとっては得意としたい分野となっています。推薦以外だと、一般入試があります。こちらは、浪人生の方や社会人の方も参加する事が可能であり、筆記試験や書類審査で合格する事が必要となります。試験の方法や内容が異なるのでそれに適した対策方法を講じる事が必要となります。先輩や先生方から試験の傾向などを調べると有利になるでしょう。

入試方法の一つであるAO入試はアドミッションオフィスの略称であり、学校側が求める人物像を獲得する方法です。普通の試験は学力で判断する事が多いですが、AO入試は学力以外のやる気や関心、声優適正などをトータルして判断します。そのため、偏差値や成績が足りなくて悔しい思いをしている方でも問題なく受ける事が可能なのです。自分を売り込む事が大切ですので、声優になりたい気持ちを爆発させる事も重要になります。指定校推薦は学校側からおすすめする人材を専門学校側に推薦する制度です。筆記試験が必要なく、面接をするだけで判定します。推薦の相手は同じ高校生となっています。推薦や入試で合格するためには、脂肪動悸や将来やりたい事を明確にし、言葉で上手く伝える事が必要になります。面接の質問内容もほぼ決まっているので、対策がしやすいでしょう。先生や友達と面接対策を何度も行なって、本番での緊張が少なくなるようにする事が大切です。夢に近づく大きなチャンスなので、貪欲に求めていきましょう。